脱毛サロンでありがちな勧誘。
銀座カラーに関しては、口コミなどで勧誘はないとされている優良サロンです。
ただ、これも勧誘?というような内容の会話はあります。

勧誘は、自分がしたいプラン以外のものを勧めてくることですが、サロンとしても1人でも多くの施術が儲けにつながりますから、勧誘も大切な営業です。
しかし、それがしつこい、嫌がっているのに無理やりということになると嫌になってしまいますね。
カウンセリングの時にコースの説明をしながら、貴女はこれのほうが絶対に良いと言い切るとか、サロンで使用しているスキンケア製品の勧誘などもありますし、上から目線の会話をする脱毛エステもあり、イラついたという口コミも見られます。

自称脱毛マニアは、いろいろな勧誘の断り方を伝授しています
・お金がありません
ローンやカードも使えると言ってくることがありますが、その支払い方はイヤですからと言えば、それ以上の追求はありません。

・家族と相談をします
実家や結婚している方が使う断り方です。
家の人がお金にうるさいからと言ってしまうのもOK。

・施術が痛い
我慢できないというと、最初だからとか慣れていると言ってきます。
肌に合わない、ニオイが苦手など、嫌だったことをいろいろと並べてみてください。

・帰ってから考えます
カウンセリングなどですぐにプランの契約をしなくてもいいんです。
脱毛体験をした時に、帰宅後肌に異常が起こることもあり、本当は起こっていない場合でも、やっぱりダメでしたと断ることが出来ます。

・他のエステと比較します
違う脱毛サロンの体験をちらつけせます。
その時に見積もりだけはくださいというと、すんなり断れることもありますが、ここで契約をするととてもお得、今日だけなど、引き止めに必死になりますが、すべて無視です。

銀座カラーを含み最近では無理な勧誘はないようです。
ただ、店舗スタッフの中には、勧誘ではなく、本当にここをキレイにした方が良いと心から思って言う方もいますし、全身脱毛の方がお得よと言葉も、本当にそうだからなのです。
接客に慣れている言葉ではなく、貴女をキレイにしたい心からの勧誘もあります。

キャンペーンだけの冷やかし、体験コースだけの施術をしたい方も多く、勧誘(本人だけそう思っていることも)されて契約することもありますが、結果的に脱毛して良かったとなるケースもあります。
銀座カラーでも、最初は部分脱毛希望だったけれど、全身脱毛コースにしちゃったという口コミも聞かれます。
勧誘に関しては、感じ方の違いもありますが、要らないものは要らない、嫌なものはイヤとはっきり断る勇気は持ちましょう。